翻訳を仕事にするには?

Trans Tecnique

在宅で翻訳のお仕事を

フレックスタイムや在宅勤務など勤務形態が一様でなくなってきている現代、また結婚していても働く女性が増加している現代では、在宅勤務は女性にとって理想的な働き方の1つとなっています。
そんな働き方ができる職種は限られていますが、翻訳をお仕事にしている方にはこの働き方をしている人が多いです。
本、雑誌、製品マニュアルや契約書などの文書を日本語から外国語または外国語から日本語へ翻訳するお仕事には対象の外国語の知識だけでなく日本語の知識レベルも高いものが要求されます。
また翻訳対象物の理解力も必要です。
学生時代から語学力を磨いてきた翻訳者は、原稿の受け取りをメールや宅配便で受け取り、業務は在宅で集中してこなします。
調べ物があれば、インターネットで調べることもできます。
発注者への最終納品もメールで行ったり宅配便で送付します。
通勤はなく、常に家にいることができるので、小さいお子さんがいるお母さんでも安心です。

在宅でもできる翻訳業務

在宅でも就業可能な仕事を探している際、一定レベル以上の語学のスキルがある方であれば、翻訳の業務が候補に挙がるかと思います。
では実際には、どのようにしてスキルを測るのか。
そしてどのようにして仕事を探すのか。
最近多いのは、翻訳者を公募している各種サイトに登録して業務を請け負うことです。
それぞれのサイトごとに登録の際にテストを受けるのか、一定レベル以上の案件を請け負う際にテストの合格が条件になっているのかなどの違いはありますが、語学のスキルを活かして在宅の業務をすることが可能です。
また、翻訳サイトも最近では増加傾向にあり、一つのサイトがダメだったからといって諦めることはありません。
さらに、テストなどに不合格だった場合でも一定期間が経過すれば再チャレンジできるサイトもありますので、まずは仕事ができるレベルに達しているのか判断するためにテストに挑戦してみるという選択肢もあります。
ただし、翻訳という仕事は言葉を扱う以上、常に勉強が必要です。
また、在宅での仕事は一定の収入を確約されない場合も多いですので、自分の希望に合った報酬が得られそうかを登録するかの基準にしてみるのもおすすめです。

check

外壁塗装を足立区で相談

2018/1/5 更新

COPY RIGHT (C) 2015 Trans Tecnique. ALL RIGHT RESERVED