翻訳を仕事にするには?

Trans Tecnique

プロに翻訳してもらうために相場を確認

世界にはさまざまな言語がありますが、全て理解できるとは限りません。
インターネットで自動的に日本語に翻訳できるサービスもあっても、しょせんは自動翻訳なのでどこかぎこちないものです。
さっと意味を把握することには使えてもビジネスで使用できるレベルにはまだ達していないのが現状といえるでしょう。
そうした翻訳レベルに不満を持つのであれば、プロにきちんと依頼をする、という方法があります。
プロは専門の資格を持っていたり、仕事にしていますので、自然な感じに翻訳してもらえるから便利なのです。
ただ、依頼するにしても適切な相場があるため、まずはどのぐらいでしてもらえるのかをチェックすることが大切といえます。
なかなかこうしたサービスを利用するシーンはないかもしれませんが、1度頼んでみると機械とは違った人間ならではなのあたたかみも感じるでしょう。
少なくともビジネス仕様に耐えられるレベルの高クオリティな文章が手に入るのは最大のメリットです。

翻訳と言う仕事の報酬の相場

翻訳と言う仕事があります。
これは、外国語で書かれた書物などを日本語に訳すと言う仕事です。
もちろん、その外国語の知識が無いと出来ない仕事になります。
一見、外国語の読み書きが出来なければ出来ない仕事ですので、その報酬はかなりのものになるのではないかと思う方も多いでしょう。
しかし、実際にはその報酬はそれ程高くはないのが現実です。
相場となると、その翻訳の内容にもよるので一概には言えませんが、例えば、一冊の本200ページ程度のものを翻訳するとなると、相場として平均2万円前後の報酬が得られると言う話があります。
ただし、これはあくまで相場であって、もっと安価な場合もあれば高価な場合ももちろんあります。
また、その納期と言うものがあります。
納期に間に合わせなければもちろん報酬はもらう事はできません。
いわゆる業務委託的な形での契約となっている場合が多いです。
また、翻訳する外国語と言うのは、英語がダントツで多いのですが、マイナーな外国語となると、若干報酬は高めになります。

注目サイト

Last update:2018/11/12

COPY RIGHT (C) 2015 Trans Tecnique. ALL RIGHT RESERVED